アリ

ネズミ取り

シロアリはアリとは言われていますが、実はゴキブリの仲間となっています。この害虫は木材が好みであり、古い家にならすぐに住み着いて食い荒らしてしまいます。それによって大きな被害を受ける事になる家が多発しているのです。
これはシロアリ駆除やネズミ駆除等の駆除業務をメインとしている会社にとっては1番慣れている案件であり、手際よく対処してくれます。今家の被害で悩んでいる人は即御者へ依頼する事で被害を最小限に抑える事が可能です。
また、木造に住んでいる人は1度業者による検査を受ける方が良いでしょう。シロアリはいないと感じていても、床下やほんの少しの隙間、壁紙の間に入り込んでいる可能性があります。

シロアリと言う物は普通のアリのように女王を中心とした集団では無く、女王と王のペアを中心とした社会性昆虫と言われています。卵から生まれたアリは王や女王のフェロモンによって次の王や女王か、働き蟻か、兵アリカに分けられます。
時期女王や王となったアリは時期が来れば羽アリとなって飛び立ち、また新たな餌場で同じように群れを作り、また羽アリとなってを繰り返します。
今日本に生存しているシロアリは全部で22種類と言われていますが、実はこのほとんどが家への被害を出さないタイプとなっています。家に被害を出すのは中でも5種類のシロアリのみであり、ヤマトシロアリ、イエシロアリが中心となっています。
中でもその8~9割がヤマトシロアリだと言われています。これは山や林の枯れた木や湿った土等に住んでおり、家にある庭の気の影や放置しているいつの物かわからない木材に住み着いている事が多くなっています。
家の外部にいるからと安心するのはNGです。シロアリは穴を掘ってじわじわと移動している為に、一見大丈夫に見えても途中無いから人間が住んでいる家へと侵入している事があります。

シロアリが人間の目につくのは羽アリとなって飛び立つ時期のみとなっており、4月頃から見かける事になります。普通の羽アリは5月頃から見かけるのが一般的であり、早めに歯アリをみかけた場合それはシロアリである確率が上がります。
人間が住んでいる場所の中でもトイレやお風呂周り、そして炊事場のような水辺が好みであり、お風呂のタイルを1枚めくっただけで大量のシロアリがはい出てきた家もありました。
業者へ依頼すれば駆除だけでなく消毒、家の補修や侵入経路の封鎖まで全て対応してくれます。

シロアリとクロアリはどちらも同じような季節に羽アリになります。しかしこれは見分ける事が簡単に可能です。
まず、シロアリにはアリらしい胴体のくびれが無く、寸胴で羽が上下で同じになっています。クロアリはアリらしいからだに羽も虫っぽく前後で大きさの違う羽をしています。
触覚もシロアリはまっすぐですが、クロアリはくの字型に変形しています。これを注意して見るようにすれば、自分の家にシリロアリが住み着いているかどうかが確認できるようになります。